TANAGOKORO TEAROOMリニューアル   |   岡村 裕次

 備長炭で濾過した美味しい水、鉄瓶で湧かされたお湯、厳選された茶葉や器などTANAGOKORO TEA ROOMが開店以続けてきた大切な部分は残しつつ、什器を中心とした内装のリニューアルを致しました。
シンボルとなるような大きなカウンター席を中心に、一人でもグループでも様々なシーンでご利用いただけるようなコーナーを設けました。

 3階のエレベーターを出て右側には備長炭の入った水槽が見える落ち着いたテーブル席となっています。他の客席と離れており、またきらりと光る生地が挟まれたガラス間仕切りで囲まれているため打ち合せなどの御利用におすすめします。左側に進んでいただくと、銀座の景色が目に飛び込んできます。正面の窓際には二席のカウンター席を設けました。お一人様でも三階から見る銀座の日常を眺めながらゆったりとした時間を過ごしていただけることでしょう。
 メインの空間には右手に3名様、4名様のテーブル席、左手にはお湯を沸かし、気持ちを込めてお茶を煎れるスタッフの所作をより感じていただけるような大きなカウンターを設えました。銀座の景色を感じつつ、お茶の香りを楽しんでいただければと思います。

 カウンターに配されたお座りいただく椅子は国産材のブナ無垢材を曲げて出来ています。その座り心地の良さ、フォルムの美しさ、驚くほどの軽さを体験していただければと思います。テーブル席には国産材ホワイトアッシュの美しい板目・柾目を活かしてつくられた椅子を配置しました。細く華奢な脚ですが、確かな技術に裏付けられた接合法でしっかりとした強度を保っています。

 あたたかな木と間接照明で構成した光溢れる空間のなか、香り高いお茶の匂いと、味を堪能していただければ幸いです。


2016年12月9日

岡村 裕次(おかむら・ゆうじ)
建築家
一級建築士事務所TKO-M.architects代表

大量生産品ではなく、私たちが空気のように毎日接する空間を良質な材料と日々の鍛錬で身につけた職人技を介して表現していきたいと思っております。
既存の価値観にはとらわれず、直感的に感じた違和感を大切にして対話を繰り返し、生活や仕事場、公共などの空間の在り方を一緒に考えていければと思っております。

http://www.tko-m.com