BackNumber

※過去の記事内のURL は
ご覧いただけない場合がございます。

【TANAGOKORO News】 2015.1.16 今月のお薦めリキュール

2015/01/16 (Fri)4:00

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ TANAGOKORO News 2015.1.16
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□─────────────────────────────
□ 目次
銀座紀州備長炭ショップ掌:備長炭量り売り
TANAGOKORO Tea Room:蘭花茶のご紹介
TANAGOKORO THE BAR:今月のお薦めリキュール
───────────────────────────────
こんにちは。TANAGOKORO Newsです。

年が明け、気持ちは春へと向かいたいところですが、
実際には一年で最も寒さが厳しいとされる「大寒」に入ります。

年始の慌ただしさも少し落ち着いたころ、ふとした拍子に風邪など
ひきやすい時期ですので、ぜひ基本の予防策を見直してみては
いかがでしょう。

それでは、GINZA TANAGOKORO のご案内をいたします。

───────────────────────────────
◆◇◆銀座紀州備長炭ショップ掌:備長炭量り売り
[WEB] http://www.tanagokoro.com/
───────────────────────────────
こんにちは、銀座紀州備長炭ショップ掌です。
お正月休み明もつかの間、三連休を過ごされた方も多いと存じます。
成人の日が15日から1月第二週の月曜日に決まってから
数年経ち定着してきたようです。最近ではこの時期に、混雑を避けご実家へ
帰省される方や、同窓会などを開くことも多いと伺います。
しばらくは、懐かしい方やお世話になった方々との楽しいひと時が続く
季節でもあるようです。
最近は、SNSで近況報告が盛んですが、あらためて御礼を兼ね
気持ちの伝わるお品をご挨拶代わりに送るのは、
日本の素敵な習慣でもあります。
お菓子などは無難なチョイスですが、美味しいお食事続きで
少々ウエストあたりが心配なのは、いただく方も同じかもしれません。
そのような時、炭を贈る、という選択は如何でしょう。
年初めの月に、清めの風情もある備長炭は、"置き炭"という古くからの習慣
もあり、お部屋を落ち着かせ住む人の心のゆとりをつくる思いも掛けない
嬉しいギフトになることでしょう。
オブジェはもちろん、迫力の棒炭から、細やかな光沢がたのしめる粒炭など、
様々な形状の備長炭を8種類、ご用意しております。
お手持ちのベース、プレート、和紙などに、そっと置くだけで
清々しい空間が生まれます。
スタッフがお客様のイメージを元に、炭をお選びし、10グラムから
ご購入いただけます。お気兼ねなく、ご相談ください。
又、オンラインショップもご利用いただけます。
"炭を飾る"を是非、ご進物にもご活用ください。

備長炭量り売り
http://www.tanagokoro.com/product/charcoal/index.html

掌オンラインショップ
http://www.tanagokoro-shop.com/

───────────────────────────────
◆◇◆TANAGOKORO Tea Room:蘭花茶のご紹介
[WEB] http://www.tanagokoro-tearoom.com/
───────────────────────────────
こんにちは、TANAGOKORO TEAROOMです。
1月からの花茶「蘭花茶」をご紹介します。

中国の「玉蘭」という、大変甘い香りのする白木蓮の花茶です。
薫花という花の香りをお茶に移す作業を6回繰りかえして作られました。
新芽をたくさん含んだ黄山毛峰茶と、蕾が開く真際の玉蘭の花を
混ぜ合わせ花の香りを移します。
そして、次の日には新しく摘んだ花と入れ替え、この工程を6回、
7日間をかけて香りを移しました。
一煎目、二煎目の蘭花の甘く華やかな香り、三煎、四煎と飲み進めると
黄山毛峰茶の味わいがしっかりと感じられてきます。

皆さまのお越しを是非お待ちしております。

●蘭花茶 (お菓子の小箱付) 1,700円

───────────────────────────────
◆◇◆TANAGOKORO THE BAR:今月のお薦めリキュール
[WEB] http://www.tanagokoro-thebar.com/
───────────────────────────────
こんにちはTANAGOKORO THE BAR立花です。

今月からは世界のリキュールをご紹介していきます。
カクテルの副材料として欠かせないお酒ですが、本来はリキュールそのものを
楽しむべくこの世に誕生したお酒です。
その歴史は古く、約200年前に作られた物もございます。
そういったリキュールの歴史や原材料、飲み方の提案等を皆様にお届けして
いきたいと思います。

第一弾として、フランスの代表的なリキュール、"シャルトリューズ"です。
シャルトリューズは、1764年フランス南東部の
ラ・グランド・シャルトリューズ修道院で作り始められた、世界で最も古い
リキュールの一つとされています。
200年以上経った現在でも修道院で作られており、厳選された130種の薬草、
ハーブを配合して作られたリキュールで、原材料の調合、蒸留、熟成、
ブレンドは3人の修道士がおこなっており、現在でもその配合率は3人以外
知ることの出来ない秘密とされています。
(ヴェール V.E.Pは大樽で8年以上熟成された逸品です。)

Chartreuse Vert V.E.P
Glass 1,500円

…お薦めのカクテル…
-ALASKA-
(Dry Gin、Chartreuse V.E.P)1,500円
http://www.tanagokoro-thebar.com/osusume/index.html

───────────────────────────────
ご意見やご感想など、お気軽に
tanagokoro-news@fatz.co.jpまでメールをお送りください。
───────────────────────────────
GINZA TANAGOKORO
〒104-0061 東京都中央区銀座1-8-15
SHOP:03-3538-3339
TEA ROOM:03-3567-8455
BAR:03-3567-8466
●配信停止/アドレス変更は、
https://e.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=tanagokoro
こちらからお願いします。